アリス個別指導塾1周年

アリス個別指導塾を創業して早くも1年が経ちました。

まだ出来たばかりの未熟な塾にも関わらず、講師のことを信じてお子様を預けてくださる保護者の方々、ついてきてくれる生徒の方々には感謝です。

 

「ねぇねぇ、ゆりちゃん勉強教えて〜。」
「ええけど、学校の先生に聞きや。」
「え〜。学校きらいやもん。」

3年前のある中学3年生との会話が全てのはじまり。その子と話しているうちにふと意識し始めたのが”居場所”という言葉。私もその子と一緒で、中学も高校も嫌いでした。普通に楽しい学校生活を送っていたけれど、自由人で団体行動が苦手な私にとって学校は監視された檻の中のような存在でした。みんな同じ服を着て、同じ時間に登校して下校して、規則・制約があって、他人の目も沢山あって、時間に拘束されてて、ちょっと変わったことしただけで目立つ。なんというかすごく息苦しくて、生きにくい。多分、どこの学校に行っても同じことを感じていたし、他の学校だったらもっとしんどかったと思います。でも、学校という場所はそういう所なので仕方ありません。だからこそ、学校以外の場所でひとりひとりが自由に思いのまま過ごせる居場所を作りたいと思いました。

 

手段はなんでも良かったのです。塾でも、カフェでも、スポーツでも。ただ、単発でなく継続的に中高生と関わりたい。そして、やりたいことや夢が出来た時にそのサポートをしたい。この2つのことが出来るなと思ったのが塾でした。

塾は勉強をして成績をあげる場所。ただ、アリスはそれだけではなくて“居場所”を提供する。ありのままの自分を受け入れてくれて、本気になれる場所。そういう場所があるだけで人は強くなれると思います。

 

最後になりましたが、1年を迎えられたのは沢山の人からの支えがあったからです。ありがとうございました。

owner 坂田 祐梨